新着情報

カシオ計算機さんご支援の「一反パートナー」の田んぼで稲刈りを行いました。

  • 活動
  • 2019年11月13日

カシオ計算機さんにご支援いただいている群馬県前橋市の障害福祉サービス事業所
「菜の花」の田んぼで、10月19日(土)にカシオグループ従業員の皆さんとそのご家族が
参加して稲刈りを行いました。
 
東京を出発する時は雨が降っていたので、稲刈りは難しいかなと思っていましたが、
前橋は曇り空で、稲刈りを行うことになりました。

 

関東地方を直撃した台風19号の影響と前日の風雨で、稲の一部は倒れていましたが、
「菜の花」さんのご尽力で稲刈り作業を行うことができました。

 
カシオグループ社員とそのご家族(40名弱)が参加しました。

 
自然栽培パーティーののぼりを先頭に田んぼに向かいます。

 
稲刈りの段取りと作業の説明を聞き、いよいよ稲刈り開始です。

 

 
施設の利用者さんとカシオグループの社員が班ごとに分かれ、一斉に稲刈り作業が
始まりました。

 
班ごとに協力し合いながら、夢中になって作業を行っています。

 

 
 
刈取った稲は紐で束ねます。

 
稲を束ねたら、稲架かけを行います。

 
稲刈りの状況に合わせて、稲架かけの組み立ても行います。

 
お子さんも一緒にお手伝いしています。

 
皆さんの頑張りで予想以上に作業が進みました。
 
皆さんの日ごろの行いが良いのか?作業を終える頃には青空が広がってきました。

 
作業を終え、お昼ご飯を食べる為、施設に歩いて戻ります。
皆さん、やり終えた達成感でいっぱいです。


 
長靴は履くより脱ぐ方がたいへんです。

 
田んぼで泥だらけになった後は、水をかけられても平気です。

 
お昼は施設で採れた新鮮な野菜の入ったカレーをいただきました。

 
お子さんもカレーは大好物。

 
もう一杯食べようかな?

 
お腹一杯になり、皆さん満足したようです。

 
その後は採れたてのおいしい焼き芋をいただきました。

 
また、施設で収穫された新鮮な野菜を、皆さんお土産にたくさん購入していました。

 
最後に参加者全員で集合写真を撮り、たのしい稲刈りを終えました。
参加したカシオグループの社員とそのご家族にとっても、障害者の方々とふれあう
良い機会になりました。


関連記事

Page Top