新着情報

ヤマト福祉財団さんご支援の「一反パートナー農作業参加プログラム」2019 圃場レポート③

  • 活動
  • 2019年10月3日

ヤマト福祉財団さんが障害者福祉施設の自然栽培の米づくり・野菜づくりを支援し、
ヤマトグループ社員とその家族が農作業ボランティアに参加してもらう企画、
「一反パートナー農作業プログラム」。
東京・八王子の多摩草むらの会夢畑での6/8の田植えから約3ヶ月半のレポートです。

 

田植えから約3ヶ月半が過ぎました。
9/9に台風15号が関東地方を通過しましたが、苗一本植で 風雨に強いイセヒカリは
しっかり台風にも耐え、順調に育っています。

 

台風通過後、すぐに稲穂が立ち上がりました。

 

稲が元気に生育していますので、稲刈りが楽しみです。

 

夢畑の田んぼを視察した9/21に、ヤマト福祉財団様と夢畑のサツマイモ畑で
草取り作業も行いました。

 

かなり草が生えており、草取りもやりがいがありそうです。

 

<ヤマト福祉財団の皆さんで汗を流し、午前中に草取りを完了しました。
 

ヤマトグループ社員とそのご家族に田植えを手伝っていただいた東京・八王子の多摩草むらの会夢畑の田んぼの様子は、今後も定期的にご紹介していきます。


関連記事

Page Top